categories

selected entries

archives

recent comment

さんくすです

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -
  • -
  • -
  • -
  • -







君の寝顔 こんなにまっすぐ見れないよ

 金沢で見た 

岡田准一 

死ぬほど男前だった!


あれはなに?







立場上難しいですね

11月18日のよき日。
スカラ座にて。
興奮状態の記憶をたどっていますので、
不確かなレポですw

 舞台挨拶があるとなると、
映画が終わった後自然に拍手が生まれるのねん。

終わって明るくなった瞬間、ぞろぞろ人が最前列に。
そして女性スタッフが紙を持ってステージど真ん中に。
カメラ撮影の調整課なんかをもぞもぞしてはった。
5分くらい?
そしてフジの笠井アナが登場。
SPのイベントはすべてこの人なんだってね。

そして4係登場。
岡田くんは、当然黒のスーツにブルーのネクタイ。
入った瞬間に後光が
通路通るかもと期待しててんけど、
まっさかすぐ近くの通路に来るとは思わなかった。
真ん中の通路を横切るかたちだったんだけど、
後ろのデ●がはたちあがったため見えず
でも、曲がるときに至近距離で眼に顔が飛び込んできて
そのままめっちゃ近くに!
一瞬だけど、めちゃ至近距離に!!!
顔、まっしろ!きれえ!めっちゃ、きれえ!
かっこいいけど、きれえ!!!!!!!!!
横、50くらいのおっさんいてんけど、
「いやー、まじでかっこいいね!」と興奮してはってんもん。
そのまま通路を通ってステージへ。

もお岡田くんしか見てなかったんだけど、
落ち着いて見たら、監督、松尾さん、岡田くん、神尾さんがいてはりましたw
まず、一言ずつ挨拶となって。
なんか、笠井アナに「頭をおさえて危険を察知!頭痛もちではありません」
とかなんとか紹介していたような、、、。

「映画の大ヒットの感想を」と笠井アナ、
なぜか松尾さんにふる。
驚き戸惑う松尾さんに岡田くん「油断してました?」とにっこり。
かーわーいーいw

岡田くんは「みなさんが育ててくれた映画。
リピーターの方が多いんですよね?」と。
何回みたかという質問で手をあげさせ、
挙手の方向を眼をくりくりさせて見るとこがかわいい!
結局18回の方が一番で、
「18回も歯がゆい思いをしてるんですね」とまたかわいい。

ツイッターをいつも見ているという岡田くん。
たまに説明したくなるらしく
「岡田くんはしないの?」とふられ
「・・・立場上、難しいですね」とにやにや。

あと、この映画がヒットしなければ出家するところだった
と言いだし、そこで笠井アナが「坊主ですか?」と。
「坊主にした経験は?」とも聞かれ、
頭をかきながら「いや。。。(角刈り?)は、あるんですけど、、ないですね」。
あれは、やはり坊主ではなく角刈りだったのか?

そして笠井アナ、こともあろうに「ハリーポッターが公開されますね」と言いだし。
ここで松尾さんがハリーになりきってポスター撮影して
「はりーふとったー」になるとかくだらない話で大盛り上がりwww
ハリーポッターの誰それに似てる人がいるとかの話になった後、
笠井アナが「みなさん叩きませんね」と言ったら
岡田くんが「SPは護るのが仕事ですから」って。
いつからこんなに話すのがうまくなったのか。

そしてここから「3にちなんだことを」って流れで、
岡田准一、30歳のお誕生日です!
花束も3つきたよ!
本当にうれしそうに「20代の最後をこの作品にささげ、
30歳になってこの日に公開されていることは、本当に運命」と。
ここでぶりちゃん、涙。。。
本当に良かったね、岡田くん。
とゆー気持ちでうるうるしちゃったのです。

そこでケーキが登場。
でっけー!しかも帝国ホテル製らしい。
直径70センチだそうな。
岡田くん「こんな大きいケーキははじめて」とのこと。
ほんっとに嬉しそうでしたの。
笠井アナに今だけ立ってみてくださいね!と言われ素直に立つ観客。
可愛い岡田くんのイラストに、
SP大ヒット HAPPY 30TH BIRTHDAY JUNICHI OKADA
と書いてありました。
岡田くんが発音をまちがえたよーな気もしたけど、
可愛いから、いいわw
とにかく、ジャスフォーの私、久々に大声でハピバを歌いました。
でも、東宝の方のように「じゅんじゅん」でやりたかった気持ちも。
岡田くんはとにかくにこにこにこにこしてて、
これまで見たどの岡田くんよりも機嫌が良かったと思っちゃった。
ほんっとに、嬉しそうなの。。。嬉しかったんだろな。

そのあとフォトセッションがあり、
右見たり正面見たり、芸能人ってたいへんなのね。
スポーツ紙とか、アイドル雑誌とかには一枚しか載らないのに。
あんなに撮ってるんだから、もう岡田くんの写真もネットに載せたらええやん。


最後に締めのあいさつ。
お礼を述べた後、ハリーポッターのようにだれが魔法をかけるのかとか
訳のわからないことをいってはりました。
さすが岡田くんw
「この映画をみなさんでそだててください」的なことを言っていたはず。


革命編の話も結構したはずなんだけど、
頭からすっぽりぬけちゃった。どこでだっけ?
「国会議事堂が舞台なんです」しか記憶にないわたし、、、。
「(野望編とは)違うものになっている、苦しんだシーンもあった」
って言ってはったな。
監督を見ながら「・・・言っていいのかな」的なとこも。
可愛かったのー。

舞台を降りるときも、にこにこ手を振って、
ほんっと機嫌がいいのねん。

かーわーいーい。


そんな可愛い30歳の記念日に立ち会えて、
本当に幸せやったな。
次の日よれよれであっても大満足でした。

やはり、生で見るとすばらしいですわ。
そして、やっぱり松尾さんは私の可愛い甥っこにそっくりだ。













偶然じゃないんだなと

終了後、日比谷から東京駅まで歩き
好き好き言おうと思っていたら携帯の電池がげっそり

いま、帰りの新幹線です。
友達が来てくれたから、ずるずる時間ずらしちゃって。

少々、酔っ払いですw

だって、すぐ近くを岡田くんが通ってキラキラしていて
ほんっと、男前だったんだよ〜
ほんっと、かっこよかったんだよ〜

大好きすぎる!!!!!!!!!!!!
薫に病んでると思ったら
岡田准一に病んでた!!!!!!!!!!

大好きすぎるラブラブラブラブラブラブラブラブラブラブラブラブ

とりあえず、今夜はただただ好きとしか言えないラブラブラブラブラブラブ







ふと気がつけば 時は過ぎて

 一晩たったら、すこぉしだけ落ち着きました。
今日はアポが延期になったので、昼から映画を見に行きます。
予告編、見えるかな?

昨日のレポなんぞを、、、。

開演後、関西テレビの杉本アナ(結構一番人気くらいのヒト)が登場。
ほっそーい!
そこで「サプライズはゲストがいらっしゃいます!」とのことで
なんと4係のメンバーが4人登場。
岡田くんは、松尾さんの次に横の入り口から入ってきました。

少し、恥ずかしそうに。でも無表情w
SP仕様のスーツです。

壇上にあがり、松尾さん、岡田くん、堤さん、神尾さんの順。
堤さん、異常に顔色悪かったんだけどお疲れ?
岡田くんが立った瞬間くらいに「おかえり!」の声。
そこでちょっと照れくさそうに笑ってかあいいの。
可愛すぎる!

松尾さん、尼崎出身だそうでばりばり関西弁でびっくり。
堤さんも尼崎で、「おかえり」「ただいま」と続いた後
神尾さんが「僕は福島なんで、、、」「おかえり!」「ただいま」で
場内がなんだか和やかな雰囲気に。
関西比率高し。
誰かが口を開くたびにその人の顔をちらっとでもじっと見る
岡田くんが可愛すぎる!

もう、顔から何からキラキラしてる
杉本アナからちょこちょこ質問があってそれにこたえるって感じ。
昨日、興奮して「10人にすすめて」と書いたけど、
どうやら20人の間違いでしたのねん。
岡田くんはいつも通り、さしさわりのない、
「大阪からSPをもりあげて」みたいなコメント。
松尾さんは、普段は真木さんにどつかれてないそうですw
「あの人普段はあんな人じゃない」って。
岡田くんは控室でポップコーンを食べていたそう。
「やはり映画と言えば、、、ポップコーンとコーラ、あ、ペプシで!」と
ぎこちない笑顔で。可愛い。
あーゆー営業からめたギャグ(?)言うとき、絶対照れるよね。
ほんま可愛いすぎる。
他は映画化決まったときの話とか、
岡田くんが堤さん待たずに帰ったとかそんな話。
15分くらいだったかな。
一生懸命、営業してるって感じの岡田くん。

そのあとの映画も内容がものすごくて
こんなものを作り上げたなら皆に絶対見てもらいたいだろうなと。
あっと言う間の一時間半でした。
ネタバレしようにもどうにもこうにも。
とにかく、岡田くんが走る!走る!戦う!戦う!走る!って感じ。
最後の叫ぶシーンが印象的で。
井上薫になりきってはりました。
早くDVD欲しい!そして「革命編」が見たい!

ってままだ公開もしてないっちゅーの。

さあ、「野望編」何回見に行こう。
とりあえず今日TOHO行くから前売りかっとこっと。







どんな未来を待ってる

SPの試写会に行ってきましたラブ

岡田くん、舞台挨拶にきはりましたラブ

SP仕様でラブ
きらきらしてはったラブ

大好きすぎる。
映画見たら、ますます大好きになったラブ

なんで、岡田准一はあんなにかっこいいのだろうか!!

大好き。
10人にすすめてくださいって言ってはったし
みんな、ぜひ、映画館でみてくださいラブ
すごい、体はってはるから。

映画で薫がスンシン抜きました上向き

あんな作品を作れる岡田くんに、これからもついていきます。







<< | 2/23PAGES | >>