categories

selected entries

archives

recent comment

さんくすです

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -
  • -
  • -
  • -
  • -







井上です、配置につきました

 9回目のSP。
ハコが小さくなったんだけど、満席でした。

しかし、なんで中年のオバサンって変なところで笑うのか?
そんなに年違わないと思うんだけど(爆
映画館と自宅の居間は違うんですよー。


ま、そんなことはおいといて。

心がすっかりよそをむきそうな私をがしっと戻すさすがの薫。
緊迫した一日のなかで、
たまに見せる口を少し傾けた笑い。
この笑みを見せる岡田准一が、
ほんとうに好きだなぁとぞくぞくします。


本日のツボは「突入前に霧島に対峙する井上」です。
このときは、銃を持たないのよねん。
同じSP同士といううことで、なんかの信念があるのでしょうか。
いきなりシャツのボタンに手をかける瞬間にドキッとしますが。
あの語りに入る薫の美しいこと美しいこと。
やはり、男は信じれる仕事についてナンボなのですわ。

終わり方に関しては賛否両論あるようですが
私はあれでいいと思う。
岡田さんもはっきり「続編はありえない」と言ってるし。

さーて、ここはやっぱりもう一回見てファイナルにすべきか?







早くしないと手遅れになります!

 日曜日は8回目の「革命篇」。

ゆーまちゃん祭りの真っ最中で、ジャニショの後に直行とゆー
オタスケジュールだったんだけど。
P担のお友達と一緒に見たのね。

薫が戦うシーンの直前から鼻息荒くなっていたらしいw

特にドコモのおにーさんやってるテロリストとの闘いは
ものすごく緊張するねん〜。
薫のあの苦しい表情。
アイドルなんだから、顔はやめて!と叫びたくなるとこ。
足が思い切り伸びてトラップにかかりそうになるとこ。
いや、何回も見てると結末わかるでしょ、ってつっこみはナシで。


でも、その戦闘のあと、ケロっと小道具探してきて。
4係とからみつつ、口をにまっとするとこ。



その後に、あんなに悲しい戦闘が待ってた。


尾形さんと薫の地下道のシーンほんと悲しすぎる。
1回目、なんで薫を撃つことができるの?って思ってたけど
薫がよけれるってわかってるからなんだね、って分かってきた。
でもそれでも悲しすぎる。
薫も悲しかったんだろうな。

初日から日を重ねて、
小さいハコになって、レディスデーとかも見にくい時間なのねん。
もうちょっと、見たいんだけどな。


23日はいよいよ野望篇のDVD発売日。
24日はお祭りあるねんけど、、、、
贅沢な悩みだ。







だから撃つなって言ったんだよ

 ウキウキしながら無事帰宅しました。


自分が単純すぎて嫌になるw

でっかいスクリーンで、
最初出社してくるとこ、
装備して拳銃を出す後ろ姿で引き戻された(はやっ


お風呂すませて即効SP見てる。
病院テロのときの、浴槽からばっ!と出て
ばっ!とシャツを破って
ばっ!って走ることがすごい好きなの。

かおるー







まだ、間に合います

そう薫が言って、思い切り引き戻してくれましたラブ

SP面白すぎる上向き
薫がかっこよすぎる!!!!!!

でもあの中には岡田准一がいてラブラブ

やはり私のオンリーワンは岡田准一ラブラブラブ

薫が大好きだっ。







じゃ、行ってきます

六回目、行ってきました。

革命篇は野望篇より長く、アクションも少ない。
薫より尾形さんの方が主役です。
セリフも多い。

でも、二時間超と言う時間を感じさせません。

薫は笑ったり怒ったり悲しんだり。

特に、尾形さんと闘わざるをえないシーンでの
薫の表情はいちいちたまりません。
銃を尾形さんに向ける演技は秀逸です!!

最初、引き出しに手錠あるとこ。
最後、手紙が封を開けてないとこ。

初めて気づきました汗

まだまだ見なきゃ。







| 1/14PAGES | >>